旅行中も快適な睡眠を守ろう

宿泊先で安眠するための工夫

枕が変わった途端に、よく眠れなくなるケースは多々あります。けれど、睡眠不足の状態のまま観光をすると、疲労感が募りますので、せっかくの旅行を楽しめなくなります。

そのような事態を防ぐために、安眠できるような工夫をしましょう。まず、肌になじんでいるタオルを携帯して、枕の上に敷くことをおすすめします。安心できる肌ざわりですから、心地よく眠れます。さらに、シャワーだけで済ませないで、湯船にゆっくり浸かって疲労を取り除くことが大事です。尚、寝る前にホットワインを飲めば、体が温まる上に、寝付きがよくなります。

なかなか眠れない時は

お風呂に入って疲れを取ったつもりでも、旅行中の興奮から、なかなか寝つけないケースも見受けられます。そのような場合は、部屋の中を暗くして、視覚に対する一切の刺激を排除しましょう。また、寝る前のパソコンやスマホは脳に刺激を与えて眠れなくさせますので、使用しないことをおすすめします。さらに、音楽を試聴できるホテルならば、ゆったりしたBGMを流すことによって、心地よい眠りへと誘ってもらえます。

尚、飲み慣れない薬を服用すると、具合が悪くなったり、翌朝は早く起きることができなくなることがあります。安易に使用することは危険です。

想い出に残る旅行を。

旅行の楽しみといえば

皆さん、今までで一度くらいは旅行なるものをしたことがあるでしょうか。中には旅行が趣味で一人旅をしたりする人もいらっしゃるかもしれませんね。旅行といってもいろいろな種類がありますよね。家族旅行、カップルでの旅行、卒業旅行等々。旅行の定番の場所といえば西日本だと京都、東日本だと東京といったところでしょうか。どちらも旅行の話題になるとよく聞きますね。私はどちらにも行ったことがありますが、どちらもジャンルは違えど良い場所でした。それぞれの土地特有の場所を観光したり、その土地のおいしいものを食べたりするのが一般的ですよね。終わってみれば疲れはあるもののやはり楽しかったという感情のほうが大きいのではと思います。

旅行に行く目的とは何か

なぜ旅行に行くのか。ほとんどの人は思い出作りのために行くのではないでしょうか。旅行はそんなにしょっちゅう行けるものではないいわば大きな行事ごとのひとつです。大きな行事ごとは人との強調性が求められるため、終えた頃には自然と絆が深まっているもの。だから高校や大学に入学したての頃親睦を深めるなどの意味をこめて一泊二日ほどで旅行する学校もあります。実際私の通っている学校もそうでした。まだあまり友達もいない状態で旅行なんて不安しかありませんでしたが、終わってみれば良き思い出。一泊二日という短い時間ではありましたが友達もでき、有意義な時間をすごせました。このように旅行は他人との仲を深める絶好の機会なのです。

ロシアの観光名所とは

赤の広場は必見になります

ロシア、しかもモスクワの観光といえば、赤の広場は外せないです。この赤というのは、色ではなく、ロシアの古語で美しい、という意味です。共産主義の赤と勘違いしている人がいますが、そうではないです。広さにして、7万3000平方メートルもあります。とにかくスケールが大きなところですから、これは一軒の価値波あります。パレードなどが行なわれるようになっています。その時期に合わせて観光をすることがお勧めできます。さすがにそうしたときには人出が凄いですから、覚悟しておくべきです。しかし、行くメリットはあります。圧巻です。

クレムリンも見るべきところ

それとロシアはクレムリンが見所の一つであるといえます。はっきりいって、ここを見ないとまったく意味がないといえるくらいです。このクレムリンですが、そのままの意味で、城塞という言葉です。つまりは、ロシア各地にクレムリンはあります。但し、最大の物はモスクワにあるものであり、これが一番の見所になります。長いロシアの歴史、政治、軍事の中心になっており、物凄く豪壮なところです。中は一部公開されており、武器庫もありますし、ダイヤモンドなどを筆頭にした宝物が展示されています。ロシアは実に見所が多い国であるといえます。

ロシアに旅行に行くならば

ロシアに旅行に行くならば

ロシアに行くならば、美術館は外せないです。それは、エルミタージュ美術館です。世界三大美術館の一つです。別に公的に認められている損傷というわけではありませんが、そのくらい素晴らしいわけです。世界的に価値のある美術品ばかりをコレクションしているところとして非常に有名でもあります。ちなみに一つの建物ではなく、複合体になっています。それも一つの見る価値のある点でもあります。すべてを見ようとすると数年かかるといわれているくらい広いところです。実に行く価値がある美術館であるといえます。ロシア観光では必須です。

夏ならばまずは庭園が

大帝と称されている皇帝がロシアにいます。それがピョートル大帝です。その庭園が今なおあります。これは、フランスのベルサイユ宮殿をモデルにしたとされている壮麗な庭園です。テラスからは、フィランド湾が見えます。ちなみに庭園は二つに分かれています。上庭園、下庭園になります。この庭園では、無数の噴水が噴出しています。見た目にも非常に美しいところですから、一見する価値は十分にあります。但し、これは、夏だけに行くことができる庭園になります。ロシアといえば、冬なのですが、夏にも色々と見るところはありますし、何よりさすがに夏は極端に寒くないのでお勧めできます。

秋の北海道ドライブ旅行

涼しい早朝の日の出と雲海

秋におすすめしたいのが北海道旅行.特に移動距離が長い北海道は車で巡るのがおすすめです.朝食用のパンと温かいコーヒー,スープを作る用のお湯をポットに詰めて,夕方になったら札幌を出発です.適宜休憩を取りながら5~6時間運転したら,標高の高い場所にある湖のほとりの駐車場で仮眠を取ります.日の出前に起きれるように,日の出の時間を調べておくことは必須です.彼女を起こして,コーヒーとパンとスープをバスケットに詰めたら湖のほとりの展望台まで歩きます.空が次第に明らみ始めて,太陽が山の影から顔を出し徐々に湖を照らします.風が少ないので雲の海は山を包んだままじっとしています.日の出を見ながらの朝食は特別なものになります.

どこよりも早く紅葉を楽しめる

北海道は気温が低いので日本で最も早く紅葉が訪れます.北海道の紅葉は,関東のそれとはまたひと味ちがう良さがあります.それは,色の種類が多いこと.木々たちは,赤,黄,黄緑,緑,山吹色,橙など,沢山の色を使って山を綺麗に染め上げていきます.遠くの展望台から眺めるも良し,実際に山に入って近くで紅葉を楽しむも良し.色々な楽しみ方があります.北海道には各所に絶景を楽しめる展望台が用意されています.ドライブ旅行の醍醐味は気の赴くままに車を停めて,展望台まで歩いて登って秋にしか見られない光景を楽しむことではないでしょうか.

一度は行ってみたいクルーズ旅行!

クルーズ船は動くテーマパーク!

クルーズ旅行には、旅行のプロが必ずいて企画から身の回りのサポートそして安全まで、全工程責任を持って運営するので安心感があります。勿論、国際色が豊かでも言語の心配をする必要はないわけで、担当の通訳者がいるわけです。船旅というと、時間を持て余すのでは、と心配する人もいるかもしれませんが、大型クルーズ船には様々なエンターテイメントを提供する施設があるので、退屈する事はありません。言うなれば、クルーズ船は動くテーマパークなわけです。船の中で楽しめるのは、エンターテイメント施設のみならず、食事や買い物においても非日常的空間を味わえます。

クルーズ旅行で豊かな人生!

クルーズ旅行の魅力の一つに、毎日著名な観光地を訪れることが挙げられます。旅行というと、重い荷物を持ったりと移動だけで相当重労働な場合もあるのですが、クルーズでは眠っている間に連れて行ってくれるわけです。クルーズ旅行には様々なタイプがあり、初心者の人や家族連れの人向けのカジュアル船から極上の贅沢な空間が演出されているラグジュアリー船まであります。英語が苦手な人には、日本語が公用語となっている日本船もあり、クルーも日本人なので落ち着けるでしょう。クルーズ旅行は一度味わうと癖になるといわれるので、より広い世界を知ることで豊かな人生となるでしょう。

1人旅行で長時間飛行機に乗ったとき

話し相手が意外にみつかる

普段は旅行に行くときは2人以上で行くことが殆どなのですが、用事もあったついでに旅行もかねて海外に行くために1人で飛行機に乗ったことが今まで何回かありました。10時間以上飛行機の中で過ごさなければいけないので、映画を見たり、音楽を聴いたり本を読んだりしようと考えていました。不思議なことに1人で乗っていると必ず楽しいことが起きます。あるときは隣の人、前の人となんとなく話始めると、意外に1人で乗っている人が多く、気がつくと全く見知らぬ人同士が数人集まって持っていたお菓子を交換したり、長時間のフライトが苦痛に感じないほど時間が経つのが早かったことがあります。

フライトアテンダントの親切な対応

同じく1人でフライト10時間以上飛行機に乗らなければいけなかったときのことです。座席にかなり余裕があるフライトに限る話なのですが、そんなときは大体席が後部で、座席のアームを上げれば横になれそうなくらい空席が目立つ状態でした。そのような状態ですとフライトアテンダントの方もサービスする人数が少ないので、案外気さくに話しかけてくれることが多かったです。プライベートの話をして盛り上がってしまったこともありました。中には航空会社の名前は言えませんが、美味しいですねと伝えたらピーナッツの小さな袋を大量にもらってしまったこともあります。限られた時間の中での意外に楽しく思い出に残る出来事でした。

旅行をするときに気をつけておくべきこと

安全性には十分に注意すること

特に女性に言えることですが、旅行をする際にはできるだけ安全面で慎重にならなくてはいけません。海外旅行をするときには、日本にいるときとは意識を変えて、常に狙われているものだと考えておくぐらいがちょうどいいでしょう。スリや強盗も海外では普通ですし、女性なら襲われてしまう可能性もしっかりと考慮に入れて歩かなくてはいけません。危ない場所に行く時には、ガイドさんを雇うなりするのがいいでしょう。そもそも、一人では旅行に行かず、信頼できる友達と一緒に行くのが望ましいです。世界にはいろいろな人がいるのだということを理解した上で旅立つべきです。

相場の変動にも注意しておくべき

海外へ旅行に行くときには、為替相場というものにも注意を向けておきましょう。スマホがあれば、そうした相場情報は随時手に入れることができます。あまりにも相場が不利なときには、お金を使うのをセーブするなどの工夫が必要でしょう。そうすることで、旅費を大幅に安くあげることも可能になります。むやみやたらにお金を使ってしまうと、大変な経済的ダメージを被ってしまうこともあります。逆に、相場が有利なときには積極的に高いブランド品などを海外で買うというのは賢い方法になります。日本に戻ってきてから売れば、利益を出すことも可能です。

フィリピンは旅行者にやさしい国

フィリピンは観光ビザで長期的な滞在が可能

フィリピンは、観光客に大変やさしい国だとして有名です。なぜやさしいかと言えば、まずは観光ビザで一年までの滞在が認められている点が挙げられるでしょう。これは非常に稀有なことであって、面倒な手続きをすることなくある程度長期にわたって滞在することができるので人気が高いです。ちょっとした移住感覚で、フィリピンに旅行をする人たちも多いです。現地は日本に比べると物価が安いですから、生活費を抑えることも可能です。治安は場所によっていいところもあれば悪いところもありますが、日本人が集まるセブ島のような安全な地域もあるので安心です。

フィリピンは英語が公用語なので便利

海外旅行で一番困るのは、言語の問題ですが、フィリピンではその問題も起こりにくくなっています。というのも、フィリピンは英語が公用語になっていますから、ちょっと英語が分かる人であれば言葉に困ることはありません。こうした特徴も、フィリピンが旅行者にやさしい国だという一因になっています。しかも、世界でも珍しいぐらいに美しい英語を話す国なので、日本人でも比較的聞き取りやすいです。コミュニケーションを取るという点においては、それほど困ることがないでしょう。他のマイナーな言語を使っている国とは、利便性が違います。