旅行中も快適な睡眠を守ろう

宿泊先で安眠するための工夫

枕が変わった途端に、よく眠れなくなるケースは多々あります。けれど、睡眠不足の状態のまま観光をすると、疲労感が募りますので、せっかくの旅行を楽しめなくなります。

そのような事態を防ぐために、安眠できるような工夫をしましょう。まず、肌になじんでいるタオルを携帯して、枕の上に敷くことをおすすめします。安心できる肌ざわりですから、心地よく眠れます。さらに、シャワーだけで済ませないで、湯船にゆっくり浸かって疲労を取り除くことが大事です。尚、寝る前にホットワインを飲めば、体が温まる上に、寝付きがよくなります。

なかなか眠れない時は

お風呂に入って疲れを取ったつもりでも、旅行中の興奮から、なかなか寝つけないケースも見受けられます。そのような場合は、部屋の中を暗くして、視覚に対する一切の刺激を排除しましょう。また、寝る前のパソコンやスマホは脳に刺激を与えて眠れなくさせますので、使用しないことをおすすめします。さらに、音楽を試聴できるホテルならば、ゆったりしたBGMを流すことによって、心地よい眠りへと誘ってもらえます。

尚、飲み慣れない薬を服用すると、具合が悪くなったり、翌朝は早く起きることができなくなることがあります。安易に使用することは危険です。