旅行を楽しむ人の共通点

気を使わない同行者を連れている。

添乗員の仕事をしていたことがあります。主にバスツアーの添乗を務めていました。お客様の旅行に同行し、時間通りに予定が進むよう手配したり、立寄先での手続きをしたりしました。その際、「旅行を楽しんでいるなぁ~」と感じるお客様の共通点を私なりに見つけたので、紹介します!これは、お一人でツアーに参加されている方にも、ご家族や友人と参加されている方にも共通するものです。

お一人参加の場合は、旅先で面倒な他のお客様と関わらないという意味になりますが、複数人で参加の場合は、まず、気を使わない同行者を連れていることがどの方にも共通しています。自分自身が同行者に対して気を使わない、同行者が他のお客様と関わることについて気を使わなくてよいというのが一つ目の共通点です。

旅先では、お金を惜しまない。

いわゆる「買い物ツアー」と呼ばれているものでは特に、旅先でお金を惜しまないことが楽しむコツです。もちろん、気に入っていないものを無理やり買う必要はありませんし、水筒に飲み物を持参しているのにわざわざ何か飲み物を買う必要はありません。ですが、行った先で、そこでしか買えないようなものを手に入れたり、旅の思い出だと言いながら地元のスーパーでも買えるものを買うことを、惜しみなくしているひとこそ、旅を楽しんでいるといえると思います。ツアーに参加しながら、立寄先で、店内を見ると買いたくなるからといってバスの中に残っているような方を見かけると、添乗員としては少し寂しい気持ちになるものでした。