印象に残った桜鑑賞のツアー

みちのく三大桜まつり

私は以前、旅行者で添乗員の仕事をしていました。仕事柄様々なツアーを経験しましたが、その中でも印象に残っているものの一つに桜のツアーがあります。桜はその年によって開花時期がずれるため、鑑賞にベストな日にちを選ぶのは非常に難しいのですが、運良く開花時期にあたると感動はひとしおです。そんな桜のコースで特に好きだったのが、東北みちのく三大祭のコースです。みちのく三大桜というと、岩手県の北上展勝地の桜並木、秋田県角館の桧内川のソメイヨシノと武家屋敷街のしだれ桜、青森県弘前城の桜です。三カ所は広範囲にわたっているため全てをベストな状態で鑑賞することは奇跡にも近いことですが、どこか一カ所でも綺麗な桜を見られたら素晴らしいと思います。

古都京都の町を彩る桜

もう一つ印象に残る桜のコースを挙げるとしたら、京都の桜です。京都の桜は先の東北の桜とはまた違い、古い町並みに趣をもたらす美しい桜です。京都には清水寺や天竜寺、東福寺といった数えきれないほどたくさんの格式高い寺がありますが、それぞれの寺が立派な桜を持っており、桜の時期には見事に花を咲かせるのです。桜の時期には桜の数に負けないほどのたくさんの観光客が訪れますが、一度鑑賞したらまた見たいと思わせる見事の桜ばかりです。また桜餅や桜アイスといった桜の時期ならではの味覚も楽しむことができますので、ぜひ一度は訪れていただきたい場所です。