若いうちにどんどん海外旅行をすべき二つの理由

社会人になると時間がなくなるので…

就職をしてしまうと、どうしても仕事に時間を取られてしまいますから、まとまった休みを取得することも難しくなります。基本的に海外旅行と言えば、数日から数週間は必要になるものですから、社会人になってからは縁遠いものになりがちです。つまり、こうした経験は時間が有り余っている学生時代にこそしておくべきだと言えるでしょう。大学生時代は、しっかりと単位さえ取得しておけば、残りの時間は比較的自由に使えるのが普通です。大学生ならきちんと分別を持って行動もできるでしょうし、こうした時期に海外へ出て経験を積むのが最良だとされています。

海外旅行経験は就職時の武器になることも?

基本的に日本の会社はどこも海外志向が強いです。英語が堪能な学生を採用したいと思っていますし、海外旅行の経験があるかないかだけでも随分と印象は変わってくるはずです。面接官にいい人材だとアピールするためにも、一度は海外旅行に行っておくのが望ましいでしょう。まったく日本から出たことのない学生は、それだけ行動力もないものだと思われてしまってもおかしくはありません。できればたくさんの国に行って、その国の文化などに触れておくのが好ましいです。そうした経験は、実際に社会に出てからも役立つもので、まったくムダになることは考えにくいです。