バス旅行の進化が著しい件

ゆったり座れる三列シートが増加中

バス旅行というと、みなさんはどういったイメージを喚起されるでしょうか。狭いバスの車内で、隣の人に気を使いながら、つらい思いをしなくてはならないと考えている人もまだまだ多いはずです。しかし、現代のバス旅行はそうしたストレスとはほとんど無縁になっていることを知ってもらいたいです。まず、基本的には長距離移動のバス旅行なら、三列シートになっていることが多いです。三列シートというのは、隣の人と方が触れ合わないように席が独立しているタイプのものを言います。こうしたタイプのバスなら、隣の人に気を使うこともなくゆったりと目的地まで行くことができるわけです。

移動中の暇つぶしも揃っている場合が

バス移動は、長いとそれだけで苦痛になりがちですが、今の旅行会社はさまざまな苦痛軽減の策を練ってくれています。たとえば、すべての座席に小さなモニタがついていて、そこでテレビや映画を鑑賞することができることもあります。一席ごとにカーテンがついていて、他人の目を気にせずに睡眠を取ることができたりもします。深夜バスなら、こうしたサービスは非常に便利なものとなるでしょう。移動中にしっかり睡眠をとっておくと、現地についた瞬間から元気に活動をすることができます。時間をムダにすることがありませんから、非常に効率的です。