波乱必至の九州その場凌ぎ旅行

世の中予定調和とはいかない!?

私は当時大学4年生で、卒業を間近に控えていました。そこで友人達と卒業旅行を計画し、九州旅行へ行くことになりました。しかし、男ばかりの集団だったので、率先して計画を立てる者が現れず…結局その場凌ぎで九州を横断することにしました。出発当初は2泊3日の予定で、初日に大分、2日目に福岡、長崎と巡り、夜には再度福岡へ戻れるくらいにしようと計画しました。この旅行での目的は大分にある別府温泉、それから長崎にあるハウステンボスに訪れることが目的でした。こうして、何とかぼんやりとした計画は立ち、車なども手配し、無事に出発に向けて、計画は進み出しました。

予定が崩れることもまた一興

ある程度、予想はついていましたが、やはりあんなぼんやりとした計画では予定通りには進みません。まず出発して1時間、高速道路で目の前を走っていた車がスリップして単独事故を起こし、私たちも警察の事情聴取を受ける羽目に…笑そこから皆、一気に恐怖に駆られ、超といっていい程、安全運転で大分を目指しました。

そして翌朝、またまたハプニング。天気予報ではそんなに悪天候という予報ではなかったにも関わらず、雪!!車のタイヤ…ノーマルのまま…動けない。となり、またまた予定は狂い。しかし、それでも何とか別府温泉→ハウステンボスと堪能し、終わってみれば3泊4日という大満足の旅行を終えることが出来ました。田舎で過ごした大学生活の中でかけがえのない大切な思い出となりました。